千葉市における薬剤師の求人募集の動向をチェックしよう

千葉市では、病棟や調剤薬局、ドラッグストアなどの求人数が増加傾向にあり、地域によっては差はありますが、正社員や派遣、パート、ダブルワークなどライフスタイルに合った働き方を選びやすい状況にあります。また、新卒者や第二新卒者が応募できる未経験者歓迎の求人もあり、業務研修や日々の仕事を通じてスキルを磨くことが可能です。

関連:札幌市内におけるパート薬剤師の働き方と求人動向〜薬局の人事担当が語る〜

総合病院の病棟は高収入を得ることも可能

千葉市内の総合病院においては、調剤業務や服薬管理などを専門に担当する薬剤師の求人募集が活発に行われています。

特に、24時間対応の交代制勤務が行われている病棟では、業務手当や夜勤手当などが高額なところが多く、若手の薬剤師も高収入を得ることが可能です。最近では、病棟勤務の薬剤師の業務負担を軽減するため、スタッフの増員を行ったり役割分担の明確化をしたりしている総合病院の数が増えており、長期的に無理なく働けるようになっています。

また、多数の患者が入院している総合病院の病棟を職場に選ぶ際は、経験が豊富な医療スタッフが在籍しているところや、職場内のコミュニケーションが活発なところを探してみると良いでしょう。大手の医療法人の中には、初めて病棟勤務を希望する薬剤師のために、配属の前に基本的な業務内容を学べる機会を用意しているところが多くあるため、就活中に丁寧な教育を受けることができる病院をしっかりと見極めると良いでしょう。

なお、一つの病棟で働き続けるうえで、色々な総合病院の求人票に目を通して、基本給だけでなく各種手当の支給額やボーナスの査定のポイントについてもよく調べておきましょう。

ドラッグストアはダブルワークを希望する人も働きやすい

千葉市にあるドラッグストアの薬剤師の仕事は、病棟よりも力仕事が少なく、日中の時間帯の勤務がメインとなるため、育児や家事で忙しい人も空き時間を使って働きやすいというメリットがあります。また、ダブルワークを希望する薬剤師に対してフォローを行っているドラッグストアも少なくなく、時間をかけて自分に合った働き方を選べる職場を探してみましょう。

全国チェーンのドラッグストアの中には、薬剤師の業務内容がマニュアル化されているところも多くあり、あまり調剤業務の経験が長い人も不安なく仕事に取り組むことが可能です。人手が不足しがちなドラッグストアにおいては、手の空いた薬剤師がレジ打ちや商品の品出しなどを担当することもあるため、面接時に仕事の幅の広さについて確認しておくことが大切です。

一般的に、ドラッグストアの求人は、実務経験者だけでなく未経験者でも問題なく採用してもらえるものがたくさんあるため、待遇や仕事内容に魅力を感じた時はすぐに面接に応募をしてみましょう。その他、ドラッグストアの正社員の薬剤師として就職をするには、採用試験の際に過去のキャリアや能力、保有資格などを厳しくチェックされることもあるため、就職活動を通じて各店舗で必要とされる人材について把握することが大事です。

調剤薬局では仕事をしながら色々な医薬品の知識を身につけられる

千葉市の調剤薬局の求人数は、ドラッグストアと比べると少なめですが、調剤業務に専念できることや、働きながら色々な医薬品の知識を身につけられることから、多くの薬剤師の有資格者の間で人気が集まっています。地域に根差した調剤薬局においては、調剤業務の経験が浅い薬剤師のために数か月以上の研修期間を設けたり、ベテランの薬剤師がフォローに回ったりしているところも少なくありません。

そこで、働きがいのある千葉市の調剤薬局を探したい場合には、各エリアの人気の事業所の求人情報がリアルタイムで掲載されている情報誌や求人サイトを活用してみましょう。

たとえば、数ある調剤薬局の中でも、正社員や契約社員の給料が高めのところや、希望通りに休暇を取りやすいところは、長期的に調剤薬局でキャリア形成を図りたい人に向いています。また、開設予定の調剤薬局では、オープニングスタッフとして複数人の薬剤師が採用されることもあり、経験が少ない人も積極的にチャレンジをする価値があります。

なお、調剤薬局の主な仕事内容について就職前に確認しておきたい人は、各地の調剤薬局の責任者や経験豊かな薬剤師に直接話を聞いてみることがおすすめです。

関連:薬剤師に人気がある求人にはどんなものがあるか

介護施設の薬剤師は日中だけの勤務も選べる

千葉市内の特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの介護現場に勤める薬剤師は、正社員であっても介護職員のように夜勤や早番を担当せず、日中の時間だけ働くことも可能です。また、入居者の数が多い社会福祉法人が運営する介護施設においては、医療面のサービス拡充を目的として、大人数の非常勤の薬剤師の募集が行われることもあり、フルタイムの勤務を希望しない人も好条件で採用してもらうことができます。

介護現場においては、認知症や様々な障害を抱える高齢者と接する場面が多いため、調剤業務に関する専門的な知識や技術だけでなく、最低限のコミュニケーション能力も要求されます。そのため、就職をした後に仕事上のトラブルを回避するには、薬剤師に対してもコミュニケーション研修を実施している介護施設を探すことがおすすめです。

その他、職場内で介護職員や看護職員、生活相談員などから信頼を得るには、自主的に外部で行われる勉強会に参加をしたり、実務経験を積んでケアマネジャーの資格取得を目指したりする方法もあります。

在宅医療の現場でも薬剤師が必要とされている

千葉市では、高齢化に伴い自宅で医療を受けることを希望する高齢者の数が増加傾向にあり、病院の外来や病棟ばかりでなく、在宅医療の現場においても薬剤師に対する需要が高まっています。在宅医療の現場で働く薬剤師の業務内容は、高齢患者の服薬指導や服薬管理が中心となりますが、医師や看護師、理学療法士など様々な医療従事者とチームを組む機会が多くなるため、協調性のある人が好まれる傾向があります。

また、呼吸器や心臓などに慢性疾患を抱える高齢患者をサポートするには、幅広い知識や業務経験が必要とされます。そこで、在宅医療の現場で働いたことがない人は、医師や先輩の薬剤師などのアドバイスを受けながら、満足のいく研修を受けることができる職場を探すことが大事です。

在宅医療に携わる薬剤師の求人の応募条件は、各医療機関の方針や在籍中のスタッフの人数などに左右されるため、時間をかけて自分のキャリアやスキルが役立つところを見つけましょう。