薬剤師に人気がある求人にはどんなものがあるか

薬剤師は全国各地で活躍の場が広がっており、医療機関や製薬会社や、調剤薬局を中心に活発に求人募集が行われています。特に、業務中に専門性を活かしやすいところや、充実した教育を受けられるところは、幅広い年齢の薬剤師の有資格者の間で人気があります。

また、若手の女性の薬剤師の採用を強化している事業所を中心に、産休や育休を取りやすくしているところも増えており、キャリア形成を果たしやすい状況となっています。

関連:千葉市における薬剤師の求人募集の動向をチェックしよう

学歴や職歴に自信がある人は大手製薬会社の研究職にチャレンジできる

学歴や職歴が優れている薬剤師は、国内外で広く事業を展開する大手製薬会社の研究職に就くことも可能です。特に、多種多様な医薬品に関する知識が豊富な薬剤師は、新薬の開発の現場において重宝がられることがあり、長期的に高待遇で働ける状況となっています。

大手製薬会社の研究職の求人数の数はそれほど多くありませんが、国内の難関の大学院を修了して学位を取得した人や、大学病院などでの実務経験が豊富な人は大いにチャンスがあります。大手製薬会社の研究職に求められる能力や経験については、それぞれの会社が扱っている主な医薬品の種類や事業内容などに左右されるため、職場探しをする際は、人気がある会社のホームページや求人情報などを通じて、自分のキャリアを生かせるかどうかじっくりと見極めることが重要です。

一般的に、研究職に携わったことがない人は、職場内で成果を上げられるまでに時間が掛かることもあります。

そのため、新卒者や中途採用者の研究職の受け入れ態勢がしっかりと整っているところや、幅広い人材が活躍しているところを就職先の候補に決めることがポイントです。なお、時間に余裕がある時は、求職中に興味がある製薬会社の就職説明会に参加をしたり、各社の研究者から直接アドバイスを受けたりするのも良いでしょう。

総合病院や公立病院は医療現場でキャリアを積みたい人におすすめ

総合病院や公立病院の病棟で働く薬剤師は、主に入院患者の服薬管理や服薬指導などを担当することがあり、色々な病気を抱えた患者と接することで、少しずつ医療現場でのキャリアを積むことができます。こうした職場の求人の中には、経験者を対象としたものばかりでなく、未経験者でも応募できるものが多くあり、新卒者や第二新卒者を中心に人気が高まっています。

たとえば、採用後に業務に関連する専門的な研修を受けられるだけでなく、先輩の薬剤師から業務のフォローをしてもらえるところは、様々な立場の求職者にとって理想的な就職先として位置づけられています。医師だけでなく様々な医療スタッフの教育に熱心な総合病院や公立病院の数は年々増加しており、順調に薬剤師としてキャリア形成を図りたい人にとって絶好のチャンスとなっています。

薬剤師を対象とした教育の内容や期間については、それぞれの医療機関の診療方針や配属先などによっても異なるため、働き始めてから仕事上で悩まないようにするには、面接時に分からない点を担当者にしっかりと聞いておくことが肝心です。

なお、医療機関によっては求職者の院内見学を受け入れているところもあるため、実際の薬剤師の業務について詳しく知りたい時は、興味がある病院の見学をさせてもらうことがおすすめです。

長期休暇を取りやすい職場は女性の薬剤師に大人気

数ある医療機関や製薬会社の中でも、産休や育休などの長期休暇を取りやすい職場は、若年層の女性の薬剤師の間で人気が集まっています。医療スタッフの早期離職の問題を抱えている現場においては、産休代替のスタッフを増員したり、日ごろから個々のスタッフの業務負担の軽減を目標にしたりと様々な取り組みが行われています。

そこで、将来的に出産や育児を検討している人は、過去の長期休暇の取得実績や在職中のスタッフの男女比などに注目をしながら職場選びをすることがおすすめです。最近では、大手の求人情報サイトやエージェントなどを通じて女性の薬剤師の採用を積極的に行っている事業所も少なくありません。

そうした中、魅力的な職場を見つけるには、色々なツールを活用して仕事と家庭生活の両立を図りやすいところを見極めることが肝心です。

ドラッグストアは定年退職をした人や子育て中の人も働きやすい

ドラッグストア内の調剤薬局の薬剤師の求人は、正社員以外にパートやアルバイトの雇用形態も選べるものが多く、定年退職をした人や子育て中の人も働きやすいという特徴があります。特に、シフト制が採用されているドラッグストアでは、勤務時間や出勤日などの希望が通りやすく、プライベートの時間をしっかりと確保することも可能です。

大手のドラッグストアの中には、様々な理由で一度現場を離れた薬剤師の復帰を歓迎しているところが多くあります。また、スタッフ間の役割分担がハッキリと決まっているドラッグストアにおいては、薬剤師が商品陳列やレジ打ちなどを担当することがないため、本来の調剤業務に専念することが可能です。

ドラッグストアの薬剤師は、店舗にもよりますが一般的に医療現場と比べて体力的な面で負担が少なく、残業や夜間の業務を任されることもほとんどないため、自分のペースで同じ職場で長く勤務をしたい人にぴったりです。

関連:札幌市内におけるパート薬剤師の働き方と求人動向〜薬局の人事担当が語る〜

高齢化に伴い介護現場の薬剤師の求人も増加中

高齢化に伴い各地のグループホームや老人ホームなどの入所型の介護施設の中には、服薬に関する業務経験が豊富な薬剤師に対するニーズが高まっています。たとえば、認知症など意思疎通が難しい高齢者に対応する機会が多い現場においては、薬剤師の専門スキルだけでなく、高いコミュニケーション能力も要求されるため、基本給や手当などが高額に設定される傾向があります。

また、医療機関や調剤薬局での一定の勤務経験がある薬剤師を高待遇で迎え入れている介護現場の数も増えており、定年まで高収入で働き続けることも可能です。なお、介護現場に勤める薬剤師は、仕事上で経験を積んでケアマネジャーなどの資格を取ったり、専門的な研修を受けたりすることにより、介護業界で管理職を務めることもできます。

そのため、医療機関や製薬会社で働くことについて特にこだわりがない人は、視野を広げて様々な介護現場の求人をチェックしてみるのも良いでしょう。その他、介護現場に就職をした後に薬剤師のキャリアを無駄にしないためには、早いうちから医療系の求人サイトを利用して、得意な分野に関するセミナーや勉強会に自主的に参加できるところや、医療スタッフへの教育がしっかりと行われているところを勤務先に選ぶことがポイントです。

関連サイト(アポプラス薬剤師 ... 薬剤師の求人